読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かが言わねば

~誰も本当のことを言いたがらない。誰かが言わないといけないことだから、私が言おう~

恋愛に障害がなくなり私達は不幸になった

昭和の終わり頃の少女漫画やテレビドラマには恋愛物がとても多かったものです。
主人公は意中の異性と結ばれようとしますが、「暮らす世界の違い」「家と家の関係」「意地悪なクラスメイトや継母からの嫌がらせ」等々、さまざまな障害に阻まれてなかなか恋が実りません。継母からの嫌がらせは当時の少女漫画のお約束ですが、それ以外はすべてその頃の日本に実在したものでした。少し昔の日本には様々な「恋愛の障害」が確かに存在していたのです。
当時、恋愛はどこか後ろめたいものでした。そして、少数の人しか手に入れることのできない輝かしいものでもありました。だからこそ少女漫画やテレビドラマは恋愛をテーマにすることができていたわけです。

その後、「恋愛」の地位が向上しました。
生活レベルや社会的階級の近さよりも個々の恋愛関係の方がより重要なものと考える人が増えました。同時に家を守るという意識も薄れました。一人娘だから婿入りしてもらわないと困るという人は減りましたし、そんなことより自由に恋愛することの方が重要なことだと考える人が増えました。
その結果、恋愛は少数の人しか手に入れることのできない輝かしいものではなくなり、他人の恋愛を邪魔する意地悪なクラスメイトや道でカップルをひやかす不良グループはいなくなりました。恋愛が誰にでも手に入れることができるものになったために、他人の恋愛を妬む必要がなくなったわけです。そうやっていつのまにか恋愛にまつわる「障害」は世の中からなくなってしまいました。

しかし残念ながら、恋愛は障害がある方が燃え上がるものです。
障害のない恋愛は安っぽいテレビドラマにすらなりません。恋愛に障害があった時代にはシンガーソングライターが会えない理由を示さずにただ「逢いたい」のフレーズを繰り返すだけでもある程度の共感をえることができましたが、恋愛に障害のない世界ではさっさと会えばいいじゃないかとしか思われません。
恋愛の地位が向上し恋愛にまつわる障害が排除されてしまったために、結果として恋愛自体の価値が低下してしまいました。

恋愛に障害があった世界では、障害に立ち向かう過程が美しい愛の物語の渦中にいるような錯覚を与えてくれました。もし愛を手に入れられなかったとしても、私の人生にも美しい愛の物語があったのだという思い出を持っておくことはできたわけです。つまり障害があるおかげで、恋愛を手に入れられない場合にもある程度は幸せな気持ちでいることができました。
この時期のヒット曲には失恋をテーマにしたものが少なくありません。人々は失恋し、失恋ソングを聞いて自らの愛の物語に陶酔していました。恋愛に障害があった世界では失恋にすら価値を感じることができていたのです。

恋愛に障害がなくなったことで、愛のために闘う機会がなくなってしまいました。恋愛はそれほどドラマチックなものではなくなりそこから得られる喜びは小さくなってしまいました。そして逆に、何の障害もないのに愛を手に入れられないことをとてもミジメなことと感じるようになりました。
恋愛が誰にでも手に入れることができるあたりまえのものに成り下がったために、それは誰にでも手に入れることができるものであって同時にどうしても手に入れなくてはならないものだということになってしまいました。しかし現実には手に入れることができない人は大勢います。誰にでも手に入れられるはずのものを手に入れられていないのは、恥ずかしくてミジメで不幸なことと感じるようになってしまいました。
たとえば「草食男子」という言葉があります。それはつまり、何の障害もないのに恋愛を手に入れられていないことに何らかの言い訳が必要になってしまったということです。

恋愛に障害がなくなったために、それを手に入れられた場合の喜びは小さく、手に入れられない期間に感じる不幸は大きくなってしまいました。恋愛に障害がなくなり、私達は不幸になってしまったのです。

あなたはどう思いますか?

広告を非表示にする